照明器具の役割

パソコンを見る女性

夜電気の無い世界は、考えられないほど今は、あちらこちらで照明器具が活躍しています。夜の公園や街灯、コンビニエンスストアー(24時間)や外食産業に物流倉庫、休みなく製造される工場、救急の病院や夜間学校、一般家庭も夜の時間に勉強等で電気が使用されています。この電源確保もさることながら照明器具のメーカーであるダイコーでは、白熱球から最新のLEDに至るまで各種電球を取り揃えて製造販売されています。我々の生活に欠かせない電球に注目してみるとその稼働時間と消費電力を抑える工夫がいくつも見えてくるのです。これは、電球が生まれたときからの宿命とも言えるものです。年中無休で光続けることが必要なことから、如何に電力を抑えて稼働時間を伸ばせるかについて、蛍光灯時代からLED開発が齎した成果はかけがえのないものになっています。

かけがえのない電気を最小限に抑える工夫がされることにより、齎されるメリットは、街中の街灯にも言えます。メンテナンスを考えるとその費用を各段に落とすことが最優先でもあります。夜中中つまり1日12時間ぐらいは、灯りを消すことができないところでもあり、かつメンテナンスのしづらい照明器具の位置の高さからできれば年に1回程度の見守りで済ましたいところが多数あります。また夏の夜中に害虫を呼び込まない工夫が蛍光灯時代から行われていますが、ダイコーのLED照明はさらにこの問題もクリアしているのです。この工夫をダイコーではLEDだけでなく蛍光灯や白熱球にも手を広げて工夫を重ねているのです。我々の生活に密着した蛍光灯は、家庭の中でも多数の照明器具として存在しています。まだまだ費用的に高いLEDと対抗する白熱球の消費電力削減にダイコーは、研究を怠らずに探し求めています。